山陽新聞デジタル|さんデジ

豪雨被災の道や橋 生活基盤を再建 倉敷市 真備の復旧ハード事業完了

 2018年7月の西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区で、市が手掛けていた災害復旧のハード事業が完了した。被災した公共施設や道路、橋の整備などを進めて生活基盤を再建するとともに、一部の事業で...

政治行政

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP