山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県高校秋季将棋 104人競う A組男子厨子さん 女子和気さんV

最善の一手を熟考し、競い合う高校生たち
最善の一手を熟考し、競い合う高校生たち
 第42回岡山県高校秋季将棋大会(県高校将棋連盟主催、山陽新聞社共催)が1日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、有段者らによるA組の男子は厨子由翔さん(操山2年)、女子は和気蒼依さん(岡山工1年)が優勝した。

 県内の26校から104人が出場。A組は男子5局、女子3局で競った。高校生たちは真剣な表情で盤面に集中し、駒音を響かせた。級位者らによるB組の対局もあった。

 A組の男子上位8人と女子上位4人は12月に岡山市で行われる中国地区大会に出場する。他の入賞者は次の皆さん。(敬称略、数字は学年)

 【A組】男子 (2)田野太一(朝日2)(3)福島一颯(光南1)(4)古江祐也(倉敷南2)(5)佐々木真生(山陽学園2)(6)日笠匠(笠岡工2)(7)仕田原良(金光学園2)(8)渡部隼人(芳泉2)▽女子 (2)長森朱音(青陵1)(3)山口佳愛(総社2)(4)目坂萌(学芸館2)【B組】(1)冨岡彩羽(倉敷3)(2)植田蒼大(倉敷工3)(3)守谷拓杜(青陵1)(4)小黒多聞(青陵1)

くらし・文化・教育

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP