山陽新聞デジタル|さんデジ

水の都"花"と"光”のフェスティバル「フェスタ・ルーチェ in 松江」2022年11月19日より松江フォーゲルパークで66日間開催

水の都
フェスタ・ルーチェ実行委員会

フェスタ・ルーチェ実行委員会(会長:古澤良祐)と株式会社Birdman(代表取締役社長:伊達晃洋)は、水の都"花"と"光”のフェスティバル「フェスタ・ルーチェ in 松江」を2022年11月19日(土)より島根県松江市大垣町の松江フォーゲルパークにて開催いたします。



フェスタ・ルーチェ実行委員会会長の古澤良祐です。 これまで全国5箇所で開催し70万人以上を動員する光の祭典「フェスタ・ルーチェ」は、イベントの魅力だけでは無く、開催される街の魅力も合わせて県内外たくさんの方に知ってもらうことも、とても重要な役割だと思っています。今回ご縁を頂き、この松江にて、中国地方で初開催させて頂く事になりました。水の都”花”と”光”のフェスティバル「フェスタ・ルーチェ」を通じてたくさんの方に松江にお越し頂き、フェスタルーチェの魅力、街の魅力を体感してもらい、今年の冬の最高の思い出にしてもらえると幸いです。
フェスタ・ルーチェ実行委員会 会長 古澤良祐

◆水の都"花"と"光”のフェスティバル フェスタ・ルーチェ in 松江


宍道湖を望む32ヘクタールの緑豊かな丘陵地で、様々な鳥のイルミネーションやカラフルなライティングが普段は訪れることのできない、夜のフォーゲルパークを彩り、ここでしか味わえない幻想的な空間を楽しむことができます。




センターハウスでは「花と光」、水鳥池では「水と光」のそれぞれをテーマにした光のショーが行われ、「水と花と光」のイマーシブ(没入感)な空間を体験できます。また温室などの各エリアをつなぐ屋根付き回廊では、ランタン・ネオンライト・イルミネーションなど10種類以上のコンテンツがあり、移動中も「水の都"花"と"光”のフェスティバル」の世界観を楽しむことができます。




また温室は暖房が効いており、通路には屋根がついており、雨や雪の日でも天候を気にせず、ここでしか味わえない特別な時間を過ごすことができます。


◆会場紹介/松江フォーゲルパーク
2つの鳥温室と花の展示温室をはじめとした様々な施設が屋根付き回廊でつながっており、天候に関わらず年中楽しむことができる全天候型のテーマパークです。
32ヘクタールの敷地は花と鳥を中心としたテーマパークとしては世界有数です。花の展示温室は国内最大級の規模で、ベゴニア・フクシアをはじめ、コリウス・ブルグマンシア・ゼラニウムなど約1万株の花々が一年中満開に咲き誇ります。

〒690-0263島根県松江市大垣町52
https://www.ichibata.co.jp/vogelpark/


◆フェスタ・ルーチェとは
「イタリア語で「フェスタ」はフェスティバル、「ルーチェ」は光。「光のフェスティバル」その空間、雰囲気を楽しんでもらいたいとの思いです。
2017年、和歌山での開催をスタートに千葉・栃木・新潟・青森など全国で開催されています。




本イベントはこれまでに全国で70万人以上が訪れています。
[公式webサイト] https://www.festaluce.jp/

和歌山マリーナシティでは11月3日からスタート
https://festaluce.jp/wakayama/


【開催概要】
名称:
 水の都"花"と"光”のフェスティバル
 フェスタ・ルーチェ in 松江
開催期間:2022年11月19日(土)
    ~2023年2月26日(日)
毎日営業:11月19日(土)
    ~2023年1月9日(月・祝)
土日祝のみ:1月10日(火)
     ~2月26日(日)
全66日間
営業時間:18時~21時
    (最終入場20時半)
会場:松江フォーゲルパーク
〒690-0263 島根県松江市大垣町52
入 場 料:
【当日券】大人1,800円 小人1,000円
【前売券】大人1,600円 小人800円
(大人は高校生以上、
 小人は3歳以上中学生以下)
公式web:https://festaluce.jp/matsue/
※webサイト近日開設予定
主催:フェスタ・ルーチェ実行委員会、株式会社Birdman
協力:株式会社一畑パーク(松江フォーゲルパーク)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【中四国】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP