山陽新聞デジタル|さんデジ

“意識不明”の家族ともう一度話したい-。切実な声に応える「意思伝達装置」 実は覚醒している人も、ベンチャー企業の挑戦と普及阻む3つの壁

 病気や事故の影響で脳に重い障害を負うなどして、医師に“意識不明”と診断された場合でも、実は意識が覚醒しているケースがある。そんな人たちがコミュニケーション手段を取り戻すために使われるのが、意思伝達装...

プライムニュース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP