山陽新聞デジタル|さんデジ

禁酒会館中庭でライブ楽しもう 23日・岡山、レコード鑑賞会も

イベントの出演者が掲載されたリーフレット
イベントの出演者が掲載されたリーフレット
 県内外のアーティストによるライブや音楽関係者が薦めるレコードの鑑賞会を催すイベント「街と音楽2022」(実行委員会など主催)が23日、岡山市北区丸の内の岡山禁酒会館で開かれる。

 ライブは中庭で行われ、3年前に欧州ツアーを行ったデュオ「mmm with エマーソン北村」ら10個人・グループがパフォーマンスを披露。会館2階では鑑賞会があり、音楽評論家の能勢伊勢雄さん=岡山市、同市内にあったレコード店「LPコーナー」の元店長・平井康嗣さんら5人がレコードをかけながら曲や音楽についてトークする。

 午前11時半~午後9時半。前売りチケットはライブ2800円、鑑賞会1500円。当日は各500円増し。

 同日開幕するおかやま国際音楽祭の一環として企画した。実行委の三島知幸さん(23)=同市=は「感覚を研ぎ澄ませて全身で音楽を楽しんでほしい」と話している。

 「街と音楽」の関連ライブも10月16日に県天神山文化プラザホール(同市北区天神町)であり、スリーピースバンド「冬にわかれて」、シンガー・ソングライター浜田真理子さんが出演する。午後5時~8時半。4800円(当日5千円)。

 チケットはいずれも専用ホームページにリンクするサイト「Peatix」で販売している。問い合わせは実行委(070―8590―3084)。

おでかけ

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP