山陽新聞デジタル|さんデジ

全国ものづくり大会 駒牧さん金賞 自動車整備、快挙を副知事に報告

横田副知事(手前左)に快挙を報告する駒牧さん(中央)。左は竹内さん、右は妹尾さん
横田副知事(手前左)に快挙を報告する駒牧さん(中央)。左は竹内さん、右は妹尾さん
 20歳以下の技能者を対象にした全国大会「第17回若年者ものづくり競技大会」(7月27、28日、広島市など)で、自動車整備職種の金賞(1位)に輝いた岡山県立北部高等技術専門校美作校2年の駒牧亮哉さん(20)が22日、県庁に横田有次副知事を訪ね、県勢として9年ぶりの快挙を報告した。

 大会は電気工事や木材加工といった15職種に340人が出場。自動車整備職種はブレーキ点検やエンジン分解などの五つの課題の正確さを17人が競い、駒牧さんは各課題平均で80・8点を記録した。

 県庁では横田副知事が「頑張った成果。今後も技能の向上に努力し、活躍してください」とたたえ、駒牧さんは「自信につながった。将来はどんなものでも直せる整備士になりたい」と話した。

 この日はフライス盤職種で銅賞(3位)の竹内美結さん(19)と電気工事職種で敢闘賞(4位)の妹尾明彦さん(19)=いずれも中国職業能力開発大学校2年=も県庁を訪れた。

美作市

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP