山陽新聞デジタル|さんデジ

UIJターン向け適職発見ツアー 学生ら岡山のホテルなど見学

採用担当者(右奥)から説明を受ける学生ら=ANAクラウンプラザホテル岡山
採用担当者(右奥)から説明を受ける学生ら=ANAクラウンプラザホテル岡山
 都市部からのUIJターンを希望する学生や社会人を対象にした「おかやま適職発見ツアー」が19日開かれ、京都や兵庫、広島から申し込んだ7人が岡山、瀬戸内市のホテルなど3社を訪ねて仕事の様子を見学した。

 新型コロナウイルス禍で高まる地方移住機運を踏まえ、両市など県内7市町で共同運営する「おかやまぐらし相談センター」が初めて企画。企業はANAクラウンプラザホテル岡山、両備システムズ(以上岡山市)、発送代行業ジップ(瀬戸内市)が参加した。

 ANAホテルでは採用担当者が勤務形態を紹介後、レストランや宴会場、チャペルなど館内施設を案内。「利用客の年代も用途も幅広い。かけがえのない思い出の一ページをつくってもらえるよう、気配り、笑顔、チームワークを大切にしている」と説明した。

 兵庫在住の大学4年男子(21)=津山市出身=は「親の老後を考え、岡山での就職を検討している。1日で多彩な業種を知ることができ充実していた」と話した。

 相談センターは今後、毎年8月にツアーを開催。オンライン形式の企業説明会も随時計画する。

政治行政

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP