山陽新聞デジタル|さんデジ

里見倉敷藤花 棋士編入試験敗れる 5番勝負開始 3勝すれば合格

プロ棋士編入試験5番勝負第1局で徳田拳士四段(右)に敗れ、対局を振り返る里見香奈倉敷藤花=18日、大阪市の関西将棋会館
プロ棋士編入試験5番勝負第1局で徳田拳士四段(右)に敗れ、対局を振り返る里見香奈倉敷藤花=18日、大阪市の関西将棋会館
 将棋で女性初の「棋士」を目指す里見香奈倉敷藤花(30)=清麗、女流王座、女流王位、女流王将との女流五冠=の棋士編入試験5番勝負が18日、始まった。第1局は大阪市の関西将棋会館であり、徳田拳士四段(24)に127手で敗れた。

 編入試験は、四段(プロ)になって間もない順に5人の棋士と対局し、3勝すれば合格となる。

 第1局は里見倉敷藤花が後手番で、徳田四段の居飛車に対し、得意の中飛車で対抗。粘り強く戦ったが、徳田四段の手厚い指し回しに押し切られた。終局後、里見倉敷藤花は「対応が難しく、苦しかった。次局以降もしっかり準備して挑みたい」と述べた。

 将棋のプロには「棋士」と「女流棋士」があり、制度が異なる。棋士になるには養成機関の奨励会を好成績で勝ち抜けるか、編入試験に合格する必要がある。里見倉敷藤花は棋士の公式戦に女流棋士枠で参加し、その直近成績が5月末時点で「10勝以上かつ勝率6割5分以上」になり、編入試験を受ける資格を得た。女流棋士の受験は初めて。

 試験の第2局は9月22日、東京の将棋会館で指され、岡部怜央四段(23)と対戦する。第3局は10月の予定で、狩山幹生四段(20)=倉敷市=が相手となる。

くらし・文化・教育

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP