山陽新聞デジタル|さんデジ

新田選手にスポーツ特別顕賞贈る 岡山県、北京冬季パラ3種目入賞

伊原木知事(左)から記念品のブロンズ像を受け取る新田選手
伊原木知事(左)から記念品のブロンズ像を受け取る新田選手
 岡山県は18日、3月の北京冬季パラリンピックのノルディックスキー距離男子で、3種目に入賞した西粟倉村出身の新田佳浩選手(42)=日立ソリューションズ=に県スポーツ特別顕賞を贈った。

 県庁で授与式があり、伊原木隆太知事が「頑張り次第で人生を切り開いていけることを伝えてくれた。今後も競技者、指導者として活躍してほしい」とたたえ、表彰状とブロンズ像を手渡した。新田選手は「非常に光栄な賞で身の引き締まる思い。来年2月の世界選手権に向けて励みたい」と述べた。

 新田選手の同賞受賞は2010、14年に続いて3度目。7大会連続出場となった北京大会では男子20キロクラシカル立位とオープン10キロリレーで7位、スプリント・フリー立位で8位となった。

 同賞は07年に創設され、これまでに新田選手を含めて34人(延べ51人)、障害者スポーツ関係では5人(同10人)が受賞している。

政治行政

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP