山陽新聞デジタル|さんデジ

体験航海、海洋観測で身近な海について学ぶ『海の中を覗いてみよう!-海と日本PROJECT-』を開催しました!

体験航海、海洋観測で身近な海について学ぶ『海の中を覗いてみよう!-海と日本PROJECT-』を開催しました!
海と日本プロジェクト広報事務局
香川大学瀬戸内圏研究センター・香川大学農学部は、高校生を対象として、身近な海に実際に触れて親しんで貰うことを目的として、2022年7月23日に『海の中を覗いてみよう!-海と日本PROJECT-』を開催いたしました。イベント当日には、体験航海を行うと共に、海洋生物生産の場としての海に関する講義ならびに実習を行いました。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本PROJECT」”の一環です。  


 参加者の記念撮影


イベント概要

・開催概要:体験航海、海洋観測および海洋微生物を観察し身近な海について学ぶ
・日程:2022年7月23日(土)
・開催場所:香川大学瀬戸内圏研究センター 庵治マリンステーション
・参加人数:32名


体験航海で海洋観測を行いました!

香川大学の海洋環境研究グループが20年以上にわたりモニタリング調査を実施してきた志度湾(香川県さぬき市)において、香川大学瀬戸内圏研究センター所属の調査船カラヌスIIIを用いて海洋観測を実施しました。具体的には、プランクトン採集、採泥、および底生動物の観察を体験してもらいました。プランクトン採集では、プランクトンネットを用いて、室内実習の際に検鏡するための植物プランクトン試料を実際に採集しました。採泥では、KK式コアラ—を用いた柱状採泥を体験してもらい、堆積物の酸化層と還元層の様子を観察しました。底生動物の観察においては、マクロベントス(体長 < 1mm)を対象にして出現種等の確認を行いました。

(左)透明度の測定  (右)海底泥中の生物観察


講義・実習では顕微鏡観察を行いました!

講義・実習は、マリンステーション内の実習室において実施しました。はじめに、海洋生態系の様子について講義し、我々が海から収奪する魚介類の多くが、食物連鎖の起点まで辿ると植物プランクトンを主体とする微細藻に依存していることを説きました。その後、実際に海から採取した試料を材料として、植物プランクトンならびに動物プランクトンの顕微鏡観察を行いました。
香川県は、瀬戸内海に面した海を学ぶには非常に恵まれた環境にあります。参加した高校生は調査船での活動や講義・実習にいきいきとした表情で取り組んでいました。特に、調査船・カラヌスIIIでの海洋観測はなかなか体験できないことであり、貴重な経験となり身近な海についてより関心を深め、海と自分とのつながりについて学んだようです。
顕微鏡で植物プランクトン観察

<団体概要>
団体名称 :北海道大学
URL :https://www.umicon.jp/
活動内容 :「海の宝アカデミックコンテスト2022・新しい日常で海の魅力を考えよう」(海と日本2022)

<本イベント担当大学>
団体名称 :香川大学瀬戸内圏研究センター 庵治マリンステーション
所在地 :高松市庵治町鎌野4511-15
電話番号 :087-891-3148
URL :https://www.kagawa-u.ac.jp/setouchi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【中四国】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP