山陽新聞デジタル|さんデジ

ウェルネススタートアップ企業のセディカル株式会社、シリーズAラウンドで6,200万円を調達

ウェルネススタートアップ企業のセディカル株式会社、シリーズAラウンドで6,200万円を調達
セディカル株式会社
セディカル株式会社(本社:山口県周南市、代表取締役社長:宮田 和季、以下当社)は、シリーズAラウンドで総額6,200万円の資金調達を完了、日本発ウェルネス事業の拡大を目指します。


当社は、経済成長と環境保護の関係性という長年掲げられてきた社会の課題に対して、食と健康作りにおける新たな付加価値を提案することで社会へ貢献し続けていきたいと考えています。このたび、シリーズAラウンドにて、当社の経営理念に共感する投資家及び事業パートナーにより募集枠満額で引受が完了しました。




調達金額:6,200万円
資金調達方法:新株(1株100万円)を62株発行
調達資金用途:海外販路開拓、製品供給力の向上、等

創業期においては、「食べた方が良いチョコレート」をコンセプトとして誕生したウェルネスチョコレート「メディカレート」の商品化にむけた研究開発と製造販売事業の立ち上げ、さらにその研究開発の技術を活かしたOEM 事業の受託とチョコレート工場サブスクリプション事業の PoC(概念実証)を推し進めてきました。

今回調達した資金は、主にメディカレートの製造力と供給力の安定強化、海外販路開拓に投入することで、事業の収益性と持続性を構築します。また、国内もしくは海外市場におけるIPO(新規上場)の準備としてシリーズBラウンドでは4億円の資金調達を実施する計画です。

2022年は新商品として、ケーキなどの焼き菓子やアイスクリームをメディカレートブランド、またはOEM受託商品に加え、発売予定です。各商品についての詳細は、オンラインストアで詳しく紹介しています。

メディカレートオンラインストア
https://medicalate.com/

Sedicalについて
Sedicalは、「食べるをもっと健康に、健康をもっと楽しく」をビジョンに掲げ、予防医學に基づいたビヨンドスイーツを提供しています。人類の発展と自然環境の調和を追求し、共に健康で豊かに存続できる社会を実現します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【山口】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP