山陽新聞デジタル|さんデジ

県児童生徒書道展 高校の部審査 最優秀に川田さんと山本さん

出品作を入念に審査する書道教諭ら
出品作を入念に審査する書道教諭ら
 第68回岡山県児童生徒書道展(山陽新聞社主催、県教委共催)の高校の部の中央審査が8日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、最優秀の山陽新聞社長賞に倉敷商業高3年川田幸茉(ゆま)さん(漢字の部)と明誠学院高2年山本雫流(しづる)さん(仮名の部)が選ばれた。

 昨年より20点少ない456点(漢字402点、仮名54点)の応募があり、高校の書道教諭や書家ら20人が、文字の正確さや文字と余白のバランス、線質の美しさなどを審査。推薦18点、特選48点、佳作110点、入選280点を決めた。書家の中池竺舟審査委員長は「誤字が目立ってやや残念だったが、優れた作品からは積み重ねた努力が伝わってきた」と評した。

 作品は24、25日、天満屋岡山店6階葦川(いせん)会館(岡山市北区表町)で展示する。小・中学校の部は17日に中央審査があり、特選以上を26~29日、同所で展示する。

 山陽新聞社長賞を除く推薦入賞者は次の皆さん。(敬称略)

 【県教育長賞】漢字=小倉菜々華(倉敷南3年)▽仮名=藤原帆夏(倉敷工1年)

 【県知事賞】漢字=三宅愛(青陵3年)▽仮名=大成舞音(倉敷商3年)

 【岡山市長賞】漢字=立花和香奈(天城3年)▽仮名=田中彩月(倉敷商2年)

 【審査委員長賞】漢字=野崎智世(倉敷商3年)▽仮名=広田梅太郎(明誠学院2年)

 【県高校書道連盟会長賞】漢字=妹尾萌花(倉敷南3年)中塚花恋(明誠学院1年)藤井心瑚(笠岡3年)小出充隼(天城2年)高倉彩加(岡山東商3年)横井来美(瀬戸3年)〓(〓は十の下に草カンムリその下に木=桑の異体字)原里歩(明誠学院1年)▽仮名=赤木なつみ(清心女子2年)

くらし・文化・教育

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP