山陽新聞デジタル|さんデジ

島根県大田市が「海ノ民話のまち」として認定!ゼネラルプロデューサーが船木三紀夫副市長を表敬訪問し、認定証贈呈式を実施しました。※ゼネラルプロデューサーはオンライン参加

島根県大田市が「海ノ民話のまち」として認定!ゼネラルプロデューサーが船木三紀夫副市長を表敬訪問し、認定証贈呈式を実施しました。※ゼネラルプロデューサーはオンライン参加
海と日本プロジェクト広報事務局
一般社団法人日本昔ばなし協会は、7月25日(月)島根県大田市にて「海ノ民話のまち」認定証贈呈式を実施いたしました。日本中に残された海にまつわる民話を発掘し、その民話のストーリーと、そこに込められた「想い」「警鐘」「教訓」を、親しみやすいアニメーションとして映像化します。当日は、ゼネラルプロデューサーをはじめとする事務局メンバーが「海ノ民話のまち」として認定した15のエリアのうちの1つである島根県大田市の船木三紀夫副市長を表敬訪問し、「海ノ民話のまち」認定証贈呈式を行いました。※ゼネラルプロデューサーはオンライン参加。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。





イベント概要






船木三紀夫副市長コメント


日本各地の多くの民話の中から、このたび、大田市の民話が選定されたことについて、大変嬉しく思うとともに、感謝を申し上げます。大田市は、日本海に面した46kmにも及ぶ海岸線の中に、良好な港や「鳴り砂」で有名な琴ヶ浜などが存在し、綺麗な海を守っていくため、地元の方も積極的に清掃活動等を行っている地域です。
アニメについては、子ども達に表面的な部分だけではなく、物語に込められた先人の教えや想いなどの本質を自分なりに考え、地元の海の豊かさを守る行動に繋げていけるような活用を期待しています。


<団体概要>
団体名称 :一般社団法人日本昔ばなし協会
URL :https://www.nippon-mukashibanashi.or.jp/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【島根】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP