山陽新聞デジタル|さんデジ

創志学園、石見智翠館下し4強 春の中国高校野球大会

【石見智翠館―創志学園】2回表創志学園1死二塁、木村政が右越えに2点本塁打を放ち、3―0とする。捕手上=島根県立浜山球場
【石見智翠館―創志学園】2回表創志学園1死二塁、木村政が右越えに2点本塁打を放ち、3―0とする。捕手上=島根県立浜山球場
 春の中国高校野球大会は4日、島根県出雲市の県立浜山球場で8チームが出場して開幕し、1回戦4試合が行われた。岡山代表で2連覇を狙う創志学園は6―0で石見智翠館(島根2位)を破り、準決勝に駒を進めた。

 ほかに広陵(広島)、大東と益田東の島根勢が4強入りを決めた。第2日の5日は大東―広陵、創志学園―益田東の準決勝がある。大会は3年ぶりに有観客で実施している。

 ▽1回戦

創志学園
122001000|6
000000000|0
石見智翠館

▽本塁打 木村政(創)
▽二塁打 金田、谷、木村政(創)井田(石)▽暴投 仲谷(石)

 【評】創志学園は投打がかみ合った。右腕岡村は切れのある直曲球を丁寧に投げ分け、2安打完封。五回の3者連続見逃しを含む7三振を奪った。12安打の打線は一回、四球を足場に1死三塁とし、竹本の中前適時打で先制。二回は木村政の2点本塁打、三回は代打竹内の右前適時打などでリードを広げた。

 石見智翠館は持ち味の打線が沈黙。三回途中から救援した左腕山本が5回2/3を自責点1と粘った。

 ■リードオフマンの貴重な2ラン、創志学園

 昨夏の甲子園ベスト8の強豪を向こうに回し、快勝を演じた。「良いところで打ってくれた」。2連覇への第一歩を危なげなく踏み出した創志学園の長沢監督はリードオフマン・木村政の一振りを勝因の一つに挙げる。

 1点リードの二回1死二塁。内角へのカーブを強振したライナー性の打球は風にも乗って右翼フェンスを軽々と越え、貴重な2ランに。「打った瞬間に分かった。やっと打てた」と3年生は肩をなで下ろした。

 主将横井、主砲金田とともに旧チームからベンチ入りし、先輩から「みんなを引っ張れ」と言われながら打撃不振に苦しんできた。打率1割に終わった春の県大会後には監督の助言でスイングを修正。コンパクトにバットを振り込んできた成果が公式戦初アーチを含む3長短打に表れた。

 12安打の打線に加え、エース岡村の完封。にもかかわらずコールド勝ちには、あとひと押し足りず残塁は15を数えた。「1点をもっと大事に積み重ねていく。明日も大事な場面で打ちたい」と木村政。自信を深めた打撃のキーマンがチームをさらに活性化する。

高校野球

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP