山陽新聞デジタル|さんデジ

外務省の核軍縮専門家が「転身」した先は、被爆地の大学教授だった 「核廃絶の情熱」と「安全保障理論」の両方を持つ人材を育てたい

この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、
ログインして全文をご覧頂けます。

プライムニュース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP