山陽新聞デジタル|さんデジ

2戦連続無失点 ファジ4位キープ リーグ最多得点の仙台と引き分け

後半、ヘディングでクリアするファジアーノ岡山の阿部海大(中央左)と柳育崇=ユアテックスタジアム仙台
後半、ヘディングでクリアするファジアーノ岡山の阿部海大(中央左)と柳育崇=ユアテックスタジアム仙台
 明治安田J2第18節(25日・ユアテックスタジアム仙台ほか=11試合)前節4位のファジアーノ岡山はアウェーで首位仙台と0―0で引き分けた。再試合が決まった山形戦の1勝を含め、勝ち点28(7勝7分け4敗)で、順位は変わらなかった。

仙台0―0岡山
前半0―0
後半0―0

仙台11勝3分け4敗(36)
岡山 7勝7分け4敗(28)

 【評】ファジアーノ岡山はしぶとい守備でスコアレスドローに持ち込んだ。リーグ最多得点を誇る相手に対し、守勢に回る中、柳、バイスらが体を張って2戦連続の無失点。後半、チアゴアウベスらの投入で迫力を増した攻撃陣が速攻やセットプレーで好機はつくったものの、ネットを揺らせず。ゴール前でもうひと工夫が欲しかった。

 仙台は序盤から厚みのあるアタックを仕掛けたが、フィニッシュの精度を欠いた。

ファジアーノ

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP