山陽新聞デジタル|さんデジ

泥まみれ 綱引き、リレーに大騒ぎ 久米南・北庄棚田で「運動会」

泥まみれになりながら綱引きを楽しむ参加者ら
泥まみれになりながら綱引きを楽しむ参加者ら
 農林水産省選定の「棚田遺産」(旧棚田百選)に選ばれている岡山県久米南町北庄の北庄棚田で22日、「泥んこ!運動会」が開かれ、子どもたちが泥まみれになりながら多彩な競技を楽しんだ。

 町内外の親子30組計約100人が参加。田植え前の田んぼ2カ所(計約15アール)で、ドッジボールと綱引き、数メートル先に立てられた棒を奪い合うビーチフラッグ、ボールリレーの4競技に挑戦した。トラクターに引っ張ってもらう「そり遊び」もあった。

 子どもたちははだしで田んぼに入り、「冷てぇ」「ぬるぬるする」と大騒ぎ。競技が始まると、泥水をはね上げながら駆け回り、棚田が連なる山あいに大きな歓声を響かせていた。

 初めて参加した久米南町立弓削小2年の女子(8)は「すごく楽しかった。また来年もやりたい」と目を輝かせていた。

 運動会は北庄中央棚田天然米生産組合(西河明夫組合長)などが2014年から開いている。

社会

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP