山陽新聞デジタル|さんデジ

「(仮称)丸亀物流センター」を着工しました(ニュースレター)

「(仮称)丸亀物流センター」を着工しました(ニュースレター)
大和ハウス工業株式会社
 大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市西区、社長:木下 健治)は、2022年5月11日、香川県丸亀市において物流施設「(仮称)丸亀物流センター」を着工しましたのでお知らせします。


【完成予想図】
1. 本センターの特長
(1)四国の玄関口である瀬戸大橋に近く、短時間で広域にアクセスできる好立地
 本センターは、瀬戸中央自動車道「坂出北インターチェンジ」や「坂出インターチェンジ」から約9km、高松自動車道「善通寺インターチェンジ」から約8kmに位置し、四国エリア全域に3時間30分以内でアクセスできるため、四国エリアの広域配送拠点として最適な場所に位置します。
 また、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋にも近く、本州へ車で45分圏内と、四国と本州をつなぐ物流の要衝を担う施設としても機能します。

(2)幅広いニーズに対応可能な施設仕様
 本センターは、全フロアで床荷重2.0t/平方メートル を確保しているため、建築資材や飲料、紙などの重量物の保管にも適した施設仕様です。
 また、高床式と低床式の2種類のトラックバース(※1)形式を採用しており、さまざまな貨物の特性にあわせて効率的な入出庫作業が可能です。
※1. 荷物の積卸しをするためにトラックを接車するスペース

2.今後の活用
 本センターは、保管や流通加工機能も有する3PL(※2)拠点や四国エリアを商圏とする企業向けの中継・2次配送拠点として、幅広い物流ソリューションを展開していきます。
※2. 荷主企業に代わる第三者として、物流を設計・提案し、包括的に受託する事業形態

3.施設概要
名称:大和物流株式会社「(仮称)丸亀物流センター」
所在地:香川県丸亀市蓬萊町7番5
敷地面積:12,998.56平方メートル (約3,932.06坪)
延床面積:14,478.60平方メートル (約4,379.78坪)
構造:鉄骨造地上2階建
バース形状:北側:高床式 東側:低床式
床荷重:各階2.0t/平方メートル
搬送設備:貨物用エレベーター3基(4.6t:1基、3.6t:2基)、垂直搬送機1基(1.5t)
アクセス:高松自動車道「善通寺インターチェンジ」から約8.4km、瀬戸中央自動車道「坂出北インターチェンジ」から約8.6km、瀬戸中央自動車道「坂出インターチェンジ」から約8.8km
最寄り駅:JR四国予讃線「丸亀駅」から約2.1km
着工:2022年5月11日
竣工:2023年3月31日
施主:大和物流株式会社
設計・施工:大和ハウス工業株式会社
運営:大和物流株式会社
URL:https://www.daiwabutsuryu.co.jp/center/marugame

| 大和物流について | (HP:https://www.daiwabutsuryu.co.jp/
大和物流は、1959 年に大和ハウス工業株式会社の物流子会社として設立し、今年で創立63 年を迎えます。建築・建材物流をコア事業とした総合物流業のほか、お客さまのニーズに合わせた物流施設開発を全国で進め、現在、自社で管理・運営する物流施設は、98ヵ所・総延床面積約32.2万坪(2022年3月末時点)に上ります。また、ベトナムの現地法人を軸にグローバルへの展開も積極的に進めています。
【広域図】
【周辺図】
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【中四国】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP