山陽新聞デジタル|さんデジ

「パンおいしいまま」がシュトーレン製造時の問題点を解決<京王プラザホテル>

「パンおいしいまま」がシュトーレン製造時の問題点を解決<京王プラザホテル>
機能素材株式会社
機能素材株式会社(代表取締役 岡村岳尚)は、シュトーレンの製造において、工程を短縮化し異物混入リスクを減らす袋として「パンおいしいまま」を提案します、その京王プラザホテルの実例と共に紹介します。



京王プラザホテル シュトーレン





京王プラザホテルのシュトーレンに「パンおいしいまま」が採用。



パンおいしいままって?





パンをおいしく保つために開発されたパン専用鮮度保持袋、酸化防止力、保香力が高く袋に入れるだけで風味を保持する。
「一般向け商品」と無地「業務用」の2種類を発売中。
https://kinousozai.co.jp/bagforbread.html

美味しさをアップ

採用理由の最も大きな点として、「パンおいしいまま」に入れることでシュトーレンの風味(主にバター)を高めることができる。より優しい風味と食感を実現することができた。(※風味アップ効果の試験結果は後述)


工程の簡略化を実現

<従来の工程>
(1)焼成(加工)→(2)ラップで包装→(3)冷やして休ませる→(4)ラップを剥がす→(5)粉糖コーティング(加工)→(6)OPP袋で包装→(7)箱詰め。


冷やすと粉糖が溶けるため、粉糖のコーティングは箱詰め前にする必要があった。
冷やす際の包装にラップを使用、ラップを剥がす際に破れて一部が混入するリスクがあった。

<パンおいしいまま、新工程>
(1)焼成(加工)→(3)粉糖コーティング(加工)→(3)「パンおいしいまま」で包装→(4)冷やして休ませる→(5)「パンおいしいまま」に入れたまま箱詰め。


▶7工程から5工程に短縮できた


粉糖が溶けない

従来は粉糖が溶けて固まるため、最終梱包の前に加工をしていた。加工作業が焼成後と梱包前の2回に分かれるため、工程が複雑であった。
袋を食品ラップから「パンおいしいまま」に変更することで、粉糖をコーティングしても溶けずに冷やすことが可能となったため、加工工程を焼成から粉糖処理まで一度で行えるようになった。
結果として、時間短縮、生産コスト削減、増産、などが可能となった。


▶製造工程の大幅な簡略化→「時間とコストの削減」


フィルムの混入リスク軽減
プラスチックごみの削減(SDGs)

調理工程上のラップが不要になり破れて混入するリスクがなくなった。

以前は食品ラップをはがす際、破れて切れ端が混入するリスクがあり慎重に作業していた。
「パンおいしいまま」は(ラップの代わりに)調理に使えると同時に包装袋としても使えるため、OPP袋も不要となった。


▶ラップ不使用→「混入リスクがゼロに」&「プラスチックごみ削減」
▶包装袋への併用→「OPP袋削減」


「パンおいしいまま」の性能は「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献します。

まとめ

京王プラザホテルは、風味と食感を改善し、フィルムなど混入リスクを避けた、より改善したシュトーレンをお客様に提供することができた。
さらに、プラスチックごみの削減し環境に配慮することができた。

シュトーレンだけじゃない「パンへの採用」

京王プラザホテルは販売するパンに「パンおいしいまま」を採用、お客様への販売の際、保存する場合は包装袋に入れたまま保存するように説明をしている。


京王プラザホテル直営フードブティック<ポピンズ>



カードにパンおいしいままの使用を明記
▶「袋にもこだわっているなんて素晴らしいですね」とお客様に高評価を得ている。


ベーカリーシェフ



石渡隆治シェフ
調理部セントラルキッチンベーカリーセクションシェフ
2008/4 永年勤続表彰
2014/3 日本ホテル協会会長30年勤続表彰

京王プラザホテル



2021年6月5日、京王プラザホテルは開業50周年を迎えました。
新宿新都心の地に日本初の高層国際ホテルとして誕生以来、お客様お一人おひとりのかけがえのない人生のドラマを演出してきました。これからもいつもお客様とともにあり続けます。(HPより)
https://www.keioplaza.co.jp/

パン鮮度保持袋「パンおいしいまま」





パンを美味しく保存するために開発されたパン鮮度保持袋です。
「パンおいしいまま」は東急ハンズやLOFTでお買い求め頂けます。
ベーカリーのパンや、家で焼くパンにご使用下さい。

▶楽天でのご購入はこちら
https://item.rakuten.co.jp/kinousozai/panoishiimama3/
▶業務用のお問い合わせはこちら
https://kinousozai.co.jp/panforbusiness.html

技術資料

▶店頭でそのまま3時間販売するより、「パンおいしいまま」に入れた方が、3日目後でも「焼き立ての香り」が濃厚であることが分かります。




「パンおいしいまま」に入れたパンの、風味成分への影響を測定しグラフに示したものです。
保存袋であると同時に、簡単に濃厚風味にできる調理袋です。


サンプルのご依頼

ベーカリー様へ無償で提供します、お気軽にご要望ください。
サンプルのご依頼はこちら。
https://kinousozai.co.jp/contact.html





関連するニュースリリース

▶ピロー包装用を新発売。初採用は高知ヤマザキ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000068771.html

▶冷凍配送のクレームがゼロになった by ベーカリーハイジ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000068771.html

▶2日目の方がおいしい食パンを生み出した by ケーキとパンのお店 ソレイユ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000068771.html

▶クッキーが「美味しくなる袋」を開発しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000068771.html

▶パン教室の先生85%が「美味しくなる」と評価!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000068771.html

機能素材株式会社について

高知県高知市の会社で、創業70年以上の素材商社である岡村化成グループのメーカー部門です。
積み重ねた経験と自由な発想で、「安心」「安全」「便利」に加え、その素晴らしい機能を「!」と共に、機能素材を世に出すための第一ステップとしてチャレンジして行きます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【中四国】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP