山陽新聞デジタル|さんデジ

スマホで音声使わず119番 赤磐市消防本部 障害者向けに導入

通報者とチャットでやりとりする市消防本部通信指令室の端末
通報者とチャットでやりとりする市消防本部通信指令室の端末
NET119の画面。「救急」か「火事」を選択し、後に表示される地図で現在地をタップすれば消防本部につながる
NET119の画面。「救急」か「火事」を選択し、後に表示される地図で現在地をタップすれば消防本部につながる
 赤磐市消防本部(津崎)は、聴覚や言語機能に障害のある人がスマートフォンなどを使い、音声を使わずに119番通報できるシステムを導入した。画面をタップするだけで通報でき、チャットで現場の状況も伝えられる。障害者の迅速な救助につなげるのが狙い。

 「NET119緊急通報システム」と呼ばれるもので、使用方法はスマホやタブレット端末で専用アプリを立ち上げ、画面上で「救急」「火事」といった項目を選択する。衛星利用測位システム(GPS)を介して表示される周辺地図から現在地をタップすれば、同本部の通信指令室の隊員につながる。

 隊員とはチャット機能を通じて文字で会話し、病状や事故、火災などの状況を伝えられるほか、撮影した写真を送信できる。周囲の人に通報を依頼する音声機能もある。

 聴覚や言語機能に障害があり、通話が困難な市内在住者を対象とする。無料。住所や氏名の事前登録が必要で、市役所の市社会福祉課窓口で受け付けている。

 これまで聴覚・言語障害者からの通報はメールやファクスで受け付けていたが、NET119が加わることで迅速かつ的確な対応が可能になる。互換性のあるシステムが備わるエリアなら市外でも利用でき、県内では東備、新見を除く12消防局・本部が既に運用している。

 市消防本部は「リアルタイムでの意思疎通が可能になり、現場到着までの時間を早められる。緊急時に備えて早めの登録を呼び掛けたい」としている。

 市消防本部が市民からの通報を受信し、出動を指示する「消防指令センターシステム」の全面改修に合わせて導入し、今年4月から運用を始めた。

政治行政

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP