山陽新聞デジタル|さんデジ

介護施設と島根県をつなぐ取り組み「お茶旅」開催のお知らせ

介護施設と島根県をつなぐ取り組み「お茶旅」開催のお知らせ
島根県
日比谷しまね館は、平成医療福祉グループが運営する介護施設と地方のヒト・コト・モノを繋ぐオンライン旅企画「お茶旅」を開催します。身体的・状況的な理由に加え、新型コロナウイルスの影響もあり、外出の機会が以前より少なくなってしまった施設利用者のみなさんに旅や新しい出会いなどの機会を、施設にいながらにして少しでも体感いただくための取り組みです。




施設のおやつの時間に、地域(島根県)の産品(お茶とお菓子)を利用者さんへ提供します。また、オンライン会議システム(Zoom)を使用し、当日の同じ時間に日比谷しまね館と施設をつなぎ、食材や地域のお話をすることで旅の疑似体験や新しいヒト・コト・モノとの出会いを演出します。
憩いだけでなく「5感(見る・聞く・触る・味わう・匂う)」を使った愉しみと、距離という隔たりを超えた、よりリアルに近いコミュニケーションの提供を目指します。


【イベント概要】
実施日:2022年5月19日(木)14:45~15:15
場 所:ケアホーム板橋(東京都板橋区)/ 日比谷しまね館(東京都千代田区)


【提供産品】
お 茶:千茶荘「献納銘茶熱湯玉露」(松江市)
お菓子:奥出雲銘菓 松葉屋「噂の生どら」(奥出雲町)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【島根】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP