山陽新聞デジタル|さんデジ

シバザクラ 山里彩る 西粟倉で開花、展望デッキも設置

色鮮やかに咲くシバザクラ
色鮮やかに咲くシバザクラ
 岡山県西粟倉村北部の大茅地区で薄紫や赤などのシバザクラが咲き、静かな山里を色鮮やかに彩っている。最盛期は5月上旬の見通し。

 住民グループ・大茅地区活性化協議会が整備した「おおがや芝桜公園」。2015年から岡山市の一宮高生や岡山大生らの協力を得て水田のあぜ、のり面に植え、約1万6千株ある。冬の積雪の影響か、例年より2週間ほど遅い20日ごろから徐々に開花している。

 今季は新たな展望デッキを設置した。開園は5月10日ごろまでの午前9時~午後4時。入園は無料だが、傷んだ株の植え替えなど維持管理のため1人100円の協力金を募っている。

 協議会の井上義徳会長(71)は「自然の中でゆっくりと過ごして癒やしを感じてもらえたら」と話す。

おでかけ

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP