山陽新聞デジタル|さんデジ

アメリカの女性リーダー研修を日本で体感!JWLI Bootcamp 2022 参加者募集開始4月28日(木)から

アメリカの女性リーダー研修を日本で体感!JWLI Bootcamp 2022 参加者募集開始4月28日(木)から
The Fish Family Foundation
フィッシュ・ファミリー財団(本部: 米国ボストン、ジャパンオフィス:東京虎ノ門ヒルズビジネスタワー CIC Tokyo内、創設者:厚子・東光・フィッシュ、ラリー・フィッシュ)は、地方の女性リーダー育成を行うJWLI Bootcamp 2022の参加者募集を2022年4月28日(木)より開始する。四国4県(徳島・高知・香川・愛媛)、近畿(大阪・京都・滋賀・和歌山・奈良・兵庫)を拠点とする社会課題解決のために活動する女性リーダーらが対象。


 フィッシュファミリー財団(本部: 米国ボストン、創設者:厚子・東光・フィッシュ、ラリー・フィッシュ)は、2006年にJapanese Women’s Leadership Initiativeを立ち上げ、主にソーシャルセクターで活躍する女性リーダーの育成や表彰を行う「JWLI」「CCJA(チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞)」「JWLI Bootcamp」「JWLIスカラシップ」の4つのプログラムを実施しています。4つのプログラムの卒業生は、現在120名を超えています。

 JWLI Bootcampは、社会を先取りし、地域やコミュニティの声を代弁し、より良い未来社会を創造するリーダーを育成するプログラムです。2006年から続くJWLI(Japanese Women's Leadership Initiative)の4週間にわたるボストンでのプログラムを、3日間の合宿型研修に凝縮し、JWLIのエッセンスを日本語で提供します。2019年は、愛知県名古屋市と宮城県石巻市2カ所で行われ、18名の女性リーダーたちが参加しました。そして今年2022年、JWLI Bootcampは徳島(7月29~31日)と大阪(8月5~7日)に上陸します!

 JWLIのスピリットであるWe can make a difference! を日本で体感できる3日間。たくさんのご応募をお待ちしております。


JWLI Bootcamp 2022実施概要:
【日時&場所】
2022年7月29日(金)~31日(日) JWLI Bootcamp徳島(会場:ザ・グランドパレス)
2022年8月5日(金)~7日(日) JWLI Bootcamp大阪(会場:クレオ大阪中央)

【対象】
社会課題や地域の問題の解決を目的に活動している女性

【参加人数】
各会場10名程度

【募集期間】
2022年4月28日(木)~2022年5月31日(火)

【参加費】
10,000円(交通費自己負担、宿泊・食事主催者負担)

【その他】
プログラムは日本語で実施します

【詳細&応募】
https://jwlibootcamp.org/bootcamp2022/

【共催】
NPO法人徳島の女性を元気にする会
一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会


----

【フィッシュ・ファミリー財団について】
フィッシュ・ファミリー財団は、慈善事業を目的に1999年に米国マサチューセッツ州ボストン市で厚子・東光・フィッシュとラリー・フィッシュ、夫妻によって設立されました。ボストン近郊の移民や低所得者層の若者支援、また女性リーダー育成や震災復興支援など日本を対象にした様々な活動を行っています。厚子・東光・フィッシュは、2006年にはJapanese Women’s Leadership Initiative、2017年にはチャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞(CCJA)、2019年にはJWLI Bootcamp、2021年にはJWLIスカラシップを立ち上げました。2018年に日本のソーシャルセクターの女性リーダー育成への功績が認められ、旭日小綬章を受賞しました。

今後の支援活動に関しては、下記URLにて随時情報を更新しております。
JWLIウェブサイトURL: http://jwli.org/
JWLIフェイスブックページ:https://www.facebook.com/jwliboston/

【共催団体:NPO法人徳島の女性を元気にする会について】


特定非営利活動法人 徳島の女性を元気にする会は、徳島で暮らすすべての女性が、自分の望む未来や在りたい姿に向けて、自由に自分の人生を選択し、自主的に生きることのできる社会の実現に向けて活動するNPO法人です。
Website: https://awa-onna.com

【共催団体:一般財団法人大阪市男女共同参画のまち創生協会について】
大阪市男女いきいき財団は女性の社会参加・参画と自立を支援するために1993年に設立されました。大阪市立男女共同参画センター(クレオ大阪)の管理運営をはじめ、コミュニティ活性にむけた事業実施等の取組みを行っています。特に、女性の活躍促進に力を入れており、人材育成や学習機会を提供する研修・学習事業、あらゆる悩みに応える相談事業、学習や市民活動をサポートする情報提供事業など、ライフステージに応じた課題解決や女性が活躍できる人づくり・環境づくり・社会づくりに向けた事業を展開しています。
Website: http://danjo.osaka.jp

----


【Japanese Women’s Leadership Initiative各プログラムのご紹介】



日本各地より選ばれた、活躍が期待される女性リーダーたちを、さらに行動力のあるリーダーへと育成します。ボストンで行われる4週間のリーダーシップ研修を通じて、フェローたちはリーダーとなる自信、マネージメントに必要なスキルと知識を身につけ、社会変革をもたらす具体的なプランを構築します。ボストンではNPOや社会的起業家、インキュベーターを視察訪問し、組織運営のノウハウやファンドレイジングの手法、リーダーシップなどを学びます。また、バブソン大学にて女性リーダーを養成する社会人向けの研修にも参加します。さらに、バブソン大学教授によるコーチングのもと、自身が目指す社会変革のアクションプランを立案、および発表します。帰国後はメンターの伴走のもと、そのプランを2年で実現していきます。



様々な社会問題や地域社会の課題に対して勇気を持って自ら行動し、地道に活動を続け、課題解決に貢献している女性たちに贈られる賞です。毎年12月に行われる授賞式では、大賞の発表および100万円の贈呈が行われます。2021年は、203通の他薦による応募がありました。本賞はTiffany & Co. とDow Chemical Japanに協賛をいただき、メディアパートナーにThe Japan Timesを迎えております。


社会を先取りし、地域の声を代表する政策提言者としてより良い未来社会を創造するリーダーを育成するプログラムです。2006年から続くJWLIの4週間にわたるボストンでのプログラムを、3日間の合宿型研修に凝縮し、JWLIのエッセンスを日本語で提供します。2019年は、愛知県名古屋市と宮城県石巻市2カ所で行われ、18名の地方で活躍するリーダーたちが参加しました。2022年のプログラムについては、ウェブサイト(http://jwlibootcamp.org/bootcamp2022/)をご覧ください。


国際社会の担い手であり才能あふれた若い移民・難民の背景を持つ方のための奨学金プログラム。彼女たち・彼らは多文化、多言語という背景から、今後の日本社会において重要な役割を担うと確信し、2021年に創設されました。JWLIスカラシップでは大学・専門学校入学予定者に、最大4年間の入学金・学費・生活費を含む返済義務なしの給付型の奨学金を配布します。2021年度は4名の奨学生の採用を予定しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

【高知】のプレスリリース

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP