山陽新聞デジタル|さんデジ

北京パラ出場 新田選手を全力応援 出身地西粟倉に村教委が横断幕

新田選手を応援する横断幕を取り付ける村教委職員ら
新田選手を応援する横断幕を取り付ける村教委職員ら
 岡山県西粟倉村教委は24日、村出身で北京冬季パラリンピック(3月4~13日)に出場するノルディックスキー距離男子立位の新田佳浩選手(41)の活躍を期待し、横断幕をあわくら会館(影石)前に取り付けた。

 縦0・8メートル、横5・9メートル。「祝 北京パラリンピック出場 7大会連続出場 全力で応援宣言!!」と記してエールを送っている。

 会館内には応援特設コーナーを設置しており、新田選手の写真などを展示。メッセージをつづって貼る寄せ書きを募っている。

 新田選手は1998年の長野大会から連続出場。ソルトレークシティー大会(2002年)は銅、バンクーバー大会(10年)は2種目で金メダル、平昌大会(18年)は金銀の2個のメダルをつかんだ。

北京冬季五輪パラ・岡山エリア

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP