山陽新聞デジタル|さんデジ

小松原選手「銅」快挙たたえる 岡山市役所に懸垂幕

小松原選手の快挙をたたえる懸垂幕
小松原選手の快挙をたたえる懸垂幕
 岡山市は8日、北京冬季五輪フィギュアスケート団体に出場し、銅メダルに輝いたアイスダンス日本代表の小松原美里選手(29)=京山中、学芸館高出身=の快挙をたたえる懸垂幕を市役所に掲げた。

 小松原選手は夫の尊選手とカップルを組み倉敷FSCに所属。アイスダンスに出場し、息の合った完成度の高い滑りで日本初の団体銅メダル獲得に貢献した。

 懸垂幕は縦7メートル、横0・86メートル。小松原選手の名前のほか、大会名や出身学校名とともに「フィギュア団体 銅メダルおめでとう!」などと大書している。28日まで掲示する。

 市スポーツ振興課は「明るいニュースで市民に元気と勇気を与えてくれた。12日からの個人戦も応援したい」としている。

北京冬季五輪パラ・岡山エリア

あなたにおすすめ


さんデジ特集

TOP