山陽新聞デジタル|さんデジ

感染リスク高い部活や授業自粛を 岡山市教委が小中高に通知

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市教委は17日、岡山県内の新型コロナウイルス感染状況が「レベル2」に引き上げられたことを受け、感染リスクの高い部活動や授業を当面自粛するよう市立小中高校に通知したと発表した。

 通知は14日付。部活動の活動範囲はこれまで県内全域としていたが、原則校内にとどめて他校との練習試合は控える。ただし、公式戦は主催者の感染防止ガイドラインに従い、十分な対策を講じれば可能とする。

 音楽の合唱や家庭科の調理実習、近距離で組み合う体育の柔道などは、規模の縮小や内容の変更も含めて慎重に検討する。市教委は「感染状況を注視しながら対策を徹底し、学校生活を継続させていく」としている。

 県は13日、レベル0~4の感染状況の判断基準を、医療への負荷が生じ始める「レベル2」に引き上げた。

くらし・文化・教育

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP