山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】初練習ダイジェスト 「J1目指しアグレッシブに」

 サッカーJ2ファジアーノ岡山は9日、岡山市の政田サッカー場で初練習を行った。全32選手のうち、外国人5人を除く27人が参加。約2時間、筋トレやランニングなどで汗を流した。動画(約8分)と写真で紹介する。

⇒さんデジ写真館「ファジ2022」にも37枚収録

 事前に申し込みをしたサポーター150人が見学。集合写真の撮影も行われ、赤と黄が鮮やかな新デザインのユニホームに袖を通した選手たちの姿を写真に収めていた。
新ユニホームで集合写真に臨む選手たち
新ユニホームで集合写真に臨む選手たち

 動画のインタビューは2分25秒ごろから。新加入の河井陽介選手は「新たなスタートを切れるワクワクした気持ち。この思いを1年間忘れず、J1昇格に向けて頑張りたい」、柳育崇選手は「サポーターのみなさんと深い関係を築いて、一体感を持って戦いたい」と意気込みを語った。

 木山隆之監督は「成長を早めるために可能な限りコミュニケーションを取り、どんなときも明るくやろうと選手たちに伝えた。勝利を目指してアグレッシブにプレーし、スタジアムを熱くしたい」と話した。
ランニングで調整する選手たち
ランニングで調整する選手たち

期限付き移籍から復帰し気合の入る松木駿之介選手(手前)
期限付き移籍から復帰し気合の入る松木駿之介選手(手前)

ボールを使った練習では選手たちの笑顔も見られた
ボールを使った練習では選手たちの笑顔も見られた

選手たちの様子を見つめる木山監督(右端)
選手たちの様子を見つめる木山監督(右端)

さんデジ特集

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP