山陽新聞デジタル|さんデジ

低気圧が発達、北日本で大荒れ 暴風雪、高波に警戒

 発達中の低気圧の影響で、北日本では2日夕方にかけて大荒れ、東日本日本海側と北日本では大しけになるとして、気象庁は2日、暴風雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、発達中の低気圧がオホーツク海にあって北上しており、日本付近は強い冬型の気圧配置となっている。東日本日本海側では、2日昼前にかけて大気の非常に不安定な状態が続く見込み。

 2日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。波の高さは北陸7メートル、北海道、東北6メートルの見込み。吹きだまりによる交通障害にも警戒が必要だ。

社会

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP