山陽新聞デジタル|さんデジ

実業団女子駅伝 天満屋12位 来年のシード権獲得ならず

ゴールする天満屋のアンカー渡辺桃子=仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台
ゴールする天満屋のアンカー渡辺桃子=仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台
 全日本実業団対抗女子駅伝は28日、宮城県松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間、42・195キロで行われ、積水化学が2時間13分3秒の大会新記録で初優勝した。前回11位の天満屋は2時間17分37秒で12位。2年連続で入賞(8位以内)を逃し、来年のシード権獲得はならなかった。

 天満屋は2区を終えた時点で19位と苦戦。3区の松下菜摘が7人を抜き、最終6区では大卒ルーキー渡辺桃子が区間賞の力走を見せたが、入賞争いに一度も絡めなかった。

 優勝した積水化学は、東京五輪1500メートル代表の卜部蘭が2区区間新の走りで浮上し、3区で佐藤早也伽が4人を抜いてトップに。東京五輪1万メートル代表の5区新谷仁美(興譲館高出)も区間2位のタイムをマークするなど先頭を譲らなかった。

 資生堂が2位、デンソーが3位に入り、3連覇を狙った日本郵政グループは4位。東京五輪の1万メートルで7位入賞した広中璃梨佳が3区で区間賞を獲得した。

 5位のダイハツ、6位のヤマダホールディングス、7位のユニバーサルエンターテインメント、8位のワコールまでが来年のシード権を獲得した。

各種スポーツ

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP