山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ、負けなし11戦 ホーム戦 京都とスコアレスドロー

試合終了間際のCKから、ファジアーノ岡山の安部崇士(22)がヘディングシュートを放つ=シティライトスタジアム
試合終了間際のCKから、ファジアーノ岡山の安部崇士(22)がヘディングシュートを放つ=シティライトスタジアム
 明治安田J2第40節第1日(20日・シティライトスタジアムほか=2試合)前節10位のファジアーノ岡山は同2位京都と0―0で引き分け、ホーム通算100勝は持ち越しとなった。負けなしは11戦に伸び、勝ち点56(14勝14分け12敗)。順位は変わらなかった。

 京都は勝ち点82でこの日のJ1昇格決定はならず。21日に4位の甲府が秋田に引き分けるか負けると昇格が決まる。既に昇格を決めた首位の磐田は3位の長崎と2―2で引き分けた。

岡山0―0京都
前半0―0
後半0―0

京都 24勝10分け6敗(82)
岡山 14勝14分け12敗(56)

 【評】ファジアーノ岡山は難敵に押し気味に試合を進めたが、スコアレスドローに終わった。攻めては開始早々のイ・ヨンジェのヘディングシュートを皮切りに速攻、遅攻を織り交ぜた多彩なアタックを展開。京都の2倍となる14本のシュートを放っただけに、1点をもぎ取りたかった。井上、安部ら守備陣は、強力な相手の攻撃陣を最後まで体を張って封じた。

 京都は再三のピンチにもGK清水が好守を見せ、無失点で乗り切った。

ファジアーノ

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP