山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県産白桃のパイ味わって エム・サプライ 笠岡道の駅で販売

岡山県産の白桃を使ったパイ。道の駅笠岡ベイファームで提供している
岡山県産の白桃を使ったパイ。道の駅笠岡ベイファームで提供している
 食品卸やオフィス家具製造を手掛けるエム・サプライ(岡山市北区延友)は、岡山県産白桃を使ったパイを商品化し、道の駅笠岡ベイファーム(笠岡市カブト南町)で販売している。油で揚げてテークアウトで提供する。

 県外の食品メーカーに委託し、砂糖と一緒に煮込んだ白桃を塩気のあるパイ生地で包む。冷凍状態で仕入れ、同道の駅で仕上げる。果肉が舌の上でとろけ、白桃の香りが口いっぱいに広がるという。1個350円。通年で取り扱う。

 同社は5年ほど前から県産清水白桃を使ったジュースや業務用の果汁を販売。同道の駅には白桃スムージーの原料として果汁を卸していた縁で、新商品のパイを売り出すことにした。今後は他の道の駅や高速道路のサービスエリアなどにも販路を広げたい考え。

 同社は「県内外の人に手軽に岡山の桃を味わってもらいたい」としている。

地方経済

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP