山陽新聞デジタル|さんデジ

衆院岡山2区 立候補者第一声

衆院岡山2区 立候補者第一声
山下貴司氏
山下貴司氏
津村啓介氏
津村啓介氏
 衆院選が19日公示された。岡山県内の5小選挙区から立候補した15人は各地で第一声を上げ、支持を求めた。岡山2区の各候補者の発言内容は次の通り。(届け出順)


■山下 貴司候補(自民・前)


 これからの少子高齢化に対応し、大切な古里を守らなければいけない。その対策は「成長と分配」だ。成長のための戦略として岡山で地方創生をやり遂げ、日本のモデルにしたい。安倍政権の「アベノミクス」で株価が上がり、企業体力も増したが、コロナ禍で傷んでいるためしっかり分配しなければいけない。東京一極集中からの分配が必要だ。地方が伸びれば日本の成長につながる。明日の日本のため力を貸してほしい。


■津村 啓介候補(立民・前)


 マニフェストは二つ。消費税減税をコロナ収束まで時限的に実施し、最もスピーディーに効果的なコロナ不況対策を行っていく。もう一つは、岡山の大きな政策課題でもある地域公共交通の維持、サポートを改めてクローズアップし問題提起していく。自民党の1強体制が長く続き、経済の格差と社会の分断が広がっている。小さくてバラバラな野党を卒業し、与野党が政策を建設的に議論する理想的な政治を取り戻す。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP