山陽新聞デジタル|さんデジ

衆院岡山1区 立候補者第一声

衆院岡山1区 立候補者第一声
逢沢一郎氏
逢沢一郎氏
余江雪央氏
余江雪央氏
原田謙介氏
原田謙介氏
 衆院選が19日公示された。岡山県内の5小選挙区から立候補した15人は各地で第一声を上げ、支持を求めた。岡山1区の各候補者の発言内容は次の通り。(届け出順)


■逢沢 一郎候補(自民・前)


 ポストコロナを念頭に置きながら新しい元気な経済社会をつくり、果実をきちんと分配、好循環させる。これこそが政治に与えられた一番の命題だ。結果を出せるのは自民、公明両党の連立体制しかない。日本の安全保障環境は厳しさを増している。大切な領土領海を中国や北朝鮮の脅威から守り抜かなければならない。安全保障能力、自衛隊の能力、海上保安庁の力を、国民の理解や納得の上でしっかり充実させていく。


■余江 雪央候補(共産・新)


 命と暮らしを最優先に考える政治にチェンジする。自公政権が進めた雇用破壊により、新型コロナ禍では非正規で働く若者や女性らが真っ先に雇用を切られ、生活困窮に陥った。最低賃金を時給1500円に引き上げ、消費税は5%に引き下げて皆さんの生活を守る。医療や介護、保育などの現場の待遇改善も必要。もうけている大企業や超富裕層に応分の負担を求めれば財源は生まれる。何としても政権交代を実現しよう。


■原田 謙介候補(立民・新)


 新型コロナ禍の自公政権は、国民の生活を支えるという本来の役割を全く果たしていない。危機を乗り切るための覚悟を持った政治が必要で、消費税減税など思い切った戦略と対策を講じる。東京偏重の政治を変え、地方の良さを生かす政策も必要だ。子育て・教育予算を倍にするなど少子高齢化に応じた新しい社会保障も構築する。一部の人のためでなく、皆さんの生活が豊かになる社会の実現へ力を貸してほしい。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP