山陽新聞デジタル|さんデジ

県展8賞に輝いた48人たたえる 岡山で表彰式

表彰される第72回県美術展覧会の入賞者
表彰される第72回県美術展覧会の入賞者
 第72回岡山県美術展覧会(県、おかやま県民文化祭実行委、山陽新聞社主催)の表彰式が17日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、桃花賞以上の8賞に輝いた48人をたたえた。

 受賞者や審査員ら約70人が出席。同社の角稔文事業本部長が「新型コロナウイルス禍の中、出品者ら多くの人の協力で2年ぶりに開催できた。賞はそれぞれの分野で研さん、努力を積み重ねてきた成果。今後も一層の精進、活躍を期待しています」とあいさつした。

 委嘱作家から選ばれる山陽新聞社大賞の洋画・大谷清子さん=津山市、工芸・須本雅子さん=岡山市、書道・川原牛歩さん=赤磐市、長谷川啓子さん=岡山市、写真・仁科宜洋さん=笠岡市=の5人をはじめ、一般応募の最高賞・山陽新聞社賞と高木聖鶴賞(書道・仮名部門)などの入賞者に賞状や盾などが贈られた。

 続いて日本画、洋画、工芸、書道、写真、彫刻の全6部門の審査員が「外出自粛の影響か、じっくり自分と向き合い、丁寧に描き込んだ作品が目立った」などと講評した。

くらし・文化

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP