山陽新聞デジタル|さんデジ

手持ち花火 楽しもう イオン岡山、8日にイベント

イベントに向けて手持ち花火の準備をする森上社長
イベントに向けて手持ち花火の準備をする森上社長
 イオンモール岡山(岡山市北区下石井)は8日、手持ち花火を楽しむイベントを屋上駐車場で開く。新型コロナウイルスの影響で各地の花火大会が昨年に続き相次いで中止となったのを受け、県内唯一の花火製造業者・森上煙火工業所(同真星)の協力を得て初めて企画した。

 1組(4人以内)につき約80本のセットを配布。線香花火をはじめ、ピンクや青など4色に変化するタイプなどを用意しており、安全な遊び方を説明した後、各自で楽しんでもらう。

 結婚式の演出や小規模の祭りで使われる噴射花火のステージも予定。噴水のように火が上がったり、チカチカと点滅したりする5、6種類を音楽に合わせて披露する。同社の森上真夢(まなむ)社長(34)は「間近で見られる華やかなステージに注目してほしい。手軽に花火を体験し、思い出をつくってもらえれば」と話している。

 時間は午後6時~8時半。参加費は1組2千円で先着40組。同5時から会場で受け付ける。問い合わせは同モール(086―803―6700)。

おでかけ

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP