山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野市長選は自主投票 公明党岡山県本部

 公明党岡山県本部は22日、任期満了に伴う玉野市長選(10月10日告示、同17日投票)について、自主投票で臨むと発表した。

 今月11日の県本部幹事会で決め、22日の党中央幹事会で承認された。いずれも無所属新人で、元県職員の柴田義朗氏(60)と玉野市議の赤松通博氏(58)が推薦を申請していた。県本部の笹井茂智幹事長は「地元の党支持者の対応が分かれている」と理由を説明した。

 同市長選では、両氏から推薦申請を受けた自民党県連も自主投票を決めている。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP