山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷商、初戦は智弁学園と対戦 全国高校野球第2日第1試合

対戦が決まった倉敷商の山下周太主将(右)と智弁学園の山下陽輔主将=3日(代表撮影)
対戦が決まった倉敷商の山下周太主将(右)と智弁学園の山下陽輔主将=3日(代表撮影)
 第103回全国高校野球選手権大会(9日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が3日、オンラインで開かれ、9年ぶり11度目出場の倉敷商は今春の選抜大会ベスト8の智弁学園(奈良)と大会第2日第1試合(10日午前8時開始予定)の1回戦で対戦することが決まった。

 5年ぶり3度目出場の新庄(広島)は大会第2日第2試合(午前10時半開始予定)の1回戦で3年ぶり19度目出場の横浜(神奈川)と顔を合わせる。

 3回戦までの組み合わせが決まり、準々決勝、準決勝は勝ち上がったチームで抽選を行う。休養日は前回2019年大会までの2日から3日に増え、3回戦と準々決勝、準決勝の翌日に設けられる。日程が順調に進めば25日に決勝がある。

 大会は新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり、2年ぶりの開催。感染拡大防止のため原則無観客で行われる。

高校野球

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP