山陽新聞デジタル|さんデジ

三菱重工、2年ぶり黒字 旧MRJ凍結で費用圧縮

 三菱重工業が2日発表した2021年4~6月期連結決算は、純損益が126億円の黒字(前年同期は579億円の赤字)に転換した。国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)開発凍結による費用圧縮が寄与した。新型コロナウイルス感染症からの市況回復で、フォークリフトなどの販売も堅調だった。売上高は前年同期比9・5%増の8517億円となった。

 受注高は7504億円と、新型コロナウイルス感染拡大前の19年4~6月期を上回った。製鉄機械や空調機器事業が好調だった。小沢寿人最高財務責任者(CFO)はオンラインで記者会見し「かなり正常状態に近づいてきている」と話した。

経済

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP