山陽新聞デジタル|さんデジ

ポーランドが受け入れ 亡命希望のベラルーシ女子選手

 羽田空港で警察官と話す陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ=1日(ロイター=共同)
 羽田空港で警察官と話す陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ=1日(ロイター=共同)
 ベラルーシ・ミンスク、ポーランド
 ベラルーシ・ミンスク、ポーランド
 東京五輪陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が、コーチ批判を理由にチーム側に強制的に帰国させられそうになり拒否し、1日夜に羽田空港で警察や大会組織委員会に保護された。亡命を希望し、在日ベラルーシ人の支援者によると、2日に東京の在日ポーランド大使館に入った。ポーランド外務省高官は人道的査証(ビザ)を発給したと明らかにした。

 これに先立ちIOCのアダムス広報部長は2日の記者会見で、1日夜と2日朝にツィマノウスカヤと話したとし「彼女の決断を支援する」と述べた。組織委の高谷正哲スポークスパーソンは「現在は安全な状況」と強調した。

国際

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP