山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷商ナイン 甲子園での健闘誓う 本社訪問 主将「全国制覇目指す」

松田正己社長(右)から花束で祝福される山下周太主将=山陽新聞社
松田正己社長(右)から花束で祝福される山下周太主将=山陽新聞社
 8大会ぶりとなる夏の甲子園出場を決めた倉敷商ナインが26日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、晴れ舞台での活躍を誓った。

 25日の岡山大会決勝でサヨナラ打を放った山下周太主将、準決勝と決勝を完投した永野司投手や川井敏之校長、梶山和洋監督らが訪問。松田正己社長から「素晴らしい試合の連続だった。甲子園でも勝負強さを発揮してほしい」と激励を受けた。

 山下主将は「甲子園でも粘り強く一戦一戦勝ち進み、全国制覇を目指す」と抱負を述べ、梶山監督は「選手には地元に勇気や感動を届けるプレーを期待している」と話した。選手たちはこの日、岡山県庁に伊原木隆太知事も訪問した。

高校野球

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP