山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山産パクチー使ったスムージー 奉還町の店 苦み抑え爽やかな一杯

岡山県産パクチー「岡パク」を使ったスムージー
岡山県産パクチー「岡パク」を使ったスムージー
 岡山市北区奉還町のスムージースタンド「モアフル」は、岡山県特産として売り出しているパクチー「岡山マイルドパクチー」(愛称・岡パク)を使ったドリンクを販売している。パクチー特有の匂いや苦みを抑え、夏にぴったりのすっきりとした一杯に仕上げている。

 使用するのは同牟佐・玉柏地区で栽培された岡パク。一般のパクチーより糖度が高く、風味がマイルドなため、苦手な人でも食べやすく、スムージーにも合う。パイナップルとキウイも加え、さらに飲みやすく爽やかな味になっているという。

 同店は「日常にもっとフルーツを」を合言葉に、県産の果物や野菜をふんだんに使用したスムージーや焼き菓子を販売。新たな材料を探していた経営者の橘将太さん(33)が、岡パクを育てる農家と知り合ったのが縁で商品化した。

 Sサイズ(250ミリリットル)650円。プラス50円でパクチーのトッピングもできる。橘さんは「パクチーが苦手な人も飲んでみてほしい。スムージーを通して岡パクや栽培農家のことを知ってもらえたら」と話す。

 問い合わせは同店(080―9582―9021)。

夕デジ

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP