山陽新聞デジタル|さんデジ

【リベッツ】主力選手と卓球で交流 7月3、4日にイオン岡山で催し

イベントのポスターを手に来場を呼び掛ける岡山リベッツの白神監督
イベントのポスターを手に来場を呼び掛ける岡山リベッツの白神監督
 卓球Tリーグ男子の岡山リベッツは7月3、4の両日、イオンモール岡山(岡山市北区下石井)1階の未来スクエアで、ファンとの交流イベントを開く。PRのため山陽新聞本社を訪れた白神宏佑監督は「初心者も大歓迎。卓球の魅力に触れて」と呼び掛けた。

 今季の主力となる森薗政崇、町飛鳥、田添響、吉村和弘、龍崎東寅の5選手が参加予定。同スクエアに、Tリーグと同じコートを設置し、本番さながらの真剣勝負を展開する紅白戦を行ったり、各選手が自慢のテクニックを披露したりする。

 選手や監督、コーチと一緒にラリーなどで卓球体験もできる。3日午後2時、同4時、4日同4時から、いずれも約1時間。参加は当日受け付け、ラケットの貸し出しもある。

 3日正午からは記者会見を公開で行い、選手らが抱負などを語る。4日午後1時からは事前に選ばれた高校3年生と選手が対戦する「青春ドリームマッチ」を行う。

 両日とも午前10時~午後5時。参加無料。新型コロナウイルス感染対策として、観覧エリア入り口で体温測定と手指消毒、連絡先の記入を求める。

 リーグは9月に開幕。リベッツは昨季、4チーム中3位に終わり、今季は巻き返しを図る。白神監督は「優勝を狙える戦力がそろい、新しいリベッツを見せられると思う。『次はリーグ戦を見たい』と思ってもらえるようなイベントにしたい」と力を込めた。

 問い合わせは、岡山リベッツ(086-239-8824)。ホームページはhttps://okayama-rivets.com/

さんデジ特集

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP