山陽新聞デジタル|さんデジ

創志学園、下関国際下し初優勝 春の中国高校野球大会 

【下関国際―創志学園】3回裏創志学園2死一、三塁、岡崎が右中間2点三塁打を放ち、3―0とする。捕手守=どらドラパーク米子市民球場
【下関国際―創志学園】3回裏創志学園2死一、三塁、岡崎が右中間2点三塁打を放ち、3―0とする。捕手守=どらドラパーク米子市民球場
 春の中国高校野球大会最終日は8日、鳥取県米子市のどらドラパーク米子市民球場で決勝があり、岡山代表の創志学園は下関国際(山口)を5―0で下し、初優勝を飾った。

 創志学園は序盤からリードを広げ、危なげなく勝利をものにした。打線は10安打で5点を奪い、エースの右腕川端は粘り強い投球で得点を許さなかった。

▽決勝

下関国際
000000000|0
10200110X|5
創志学園

▽三塁打 藤本、岡崎▽二塁打 山岡、岡崎2▽暴投 古賀

 【評】投打のかみ合った創志学園が快勝した。右腕川端は7安打を許しながら要所を締め、完封。無失策、2併殺のバックももり立てた。打線は一回2死から山岡、岡崎の連続二塁打で1点を先取。三回は2死から藤本の三塁打などで一、三塁とし、岡崎の適時三塁打で2点を挙げた。長打攻勢を仕掛け、主導権を握った。

 下関国際は三、四回の2死満塁の好機で無得点に終わるなど攻めきれなかった。

高校野球

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP