山陽新聞デジタル|さんデジ

瀬戸内市選管 不在投票案内にミス 有権者2人に「市長選は無投票」

瀬戸内市役所
瀬戸内市役所
 30日告示された瀬戸内市長・市議選で、市選管は31日、岡山県外在住の有権者2人に送った不在者投票の案内文に「市長選は無投票になった」と誤った記載があったと明らかにした。市長選が無投票だった前回選挙の案内文を引用したためのミスという。

 市選管によると、不在者投票を請求した2人に29日、案内文、市長選と市議選の投票用紙などを郵送したところ、1人から指摘を受けて発覚した。2人には電話で謝罪した。他の書類に不備はなく、不在者投票はできる。

 市選管は「選挙にミスは許されず申し訳ない。文章の確認作業を徹底し、再発防止に努める」としている。

東備

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP