山陽新聞デジタル|さんデジ

瀬戸内市長選 現職と新人一騎打ち ダブル選告示、6月6日投開票

(左から)武久顕也氏と岸覚氏
(左から)武久顕也氏と岸覚氏
 任期満了に伴う瀬戸内市長・市議選は30日告示された。市長選は4選を目指す現職の武久顕也氏(52)=同市邑久町庄田=と、元旧長船町議で新人の岸覚氏(74)=同市長船町長船=の無所属2人が立候補した。6月6日に投開票される。

 新型コロナウイルス感染防止のため、両候補とも屋外で第一声を上げた。武久氏は「新型コロナ対策に全力を尽くす。早期のワクチン接種を進め、観光事業者や困窮する市民に寄り添った政策を行う」と強調。岸氏は「多額の借金は財政危機を招く。長船地区にある保健福祉部門を本庁舎に集約する計画や給食調理場の統廃合も反対」と訴えた。

 過去3度の市長選は無投票だったため、2008年以来13年ぶりの選挙戦となる。少子化に伴う人口減少や新型コロナへの対応、市所有の国宝「太刀 無銘一文字 山鳥毛(さんちょうもう)」を活用した観光振興策などが争点となりそうだ。

 政党は自民、立憲民主、公明の3党が武久氏を推薦している。

 定数18の市議選は現職13人、新人7人の計20人(公明2人、共産2人、無所属16人)が立候補を届け出た。

 投票は6月6日午前7時~午後6時(一部除く)に市内16カ所で行われ、同8時15分から邑久B&G海洋センター(同市邑久町下山田)で開票される。

 29日現在の有権者数は3万1364人(男1万4898人、女1万6466人)。
 
 ◇

 市議選の立候補者は次の通り。氏名、投票日時点の年齢、所属政党、現元新の別、かっこ数字は在任期数、主な肩書・職業の順。(敬称略)

竹原  幹 71 無現(3) 市監査委員
厚東 晃央 47 共現(3) 元保育士
石原 芳高 52 無現(5) 元副議長
原野 健一 66 無現(4) 元議長
平原 順二 78 無現(4) 元議長
島津 幸枝 45 共現(4) 元介護士
広田  均 68 無現(5) 決算委員長
日下 俊子 58 無現(2) 予算委員長
吉近 翔大 34 無新   自営業
秦井 誠司 51 無新   一般社団法人代表
川勝 浩子 59 公新   党県女性局次長
木下 公文 35 無新   ビルメンテナンス業
岩田 恵一 69 無新   ボランティア副会長
島原  舞 42 無新   ネイルサロン経営
小谷 和志 61 無現(5) 議会運営委員長
岡 国太郎 72 無現(1) 市民団体事務局長
成本  崇 48 無新   花火実行委代表
小野田 光 60 無現(5) 元議長
河本 裕志 62 公現(3) 環境福祉委員長
室崎 陸海 76 無現(5) 産業建設水道委員長

東備

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP