山陽新聞デジタル|さんデジ

中小企業6割「対策義務知らず」 パワハラ防止、来春開始も

 中小企業のパワハラ対策状況
 中小企業のパワハラ対策状況
 大企業に続き、来年4月からパワハラ防止対策が義務化される中小企業のうち61%が、自社も対象だと知らないことが15日、民間調査で分かった。女性活躍・ハラスメント規制法による大企業への義務付けから、6月1日で1年。中小企業への対象拡大が迫る中、既に防止措置を講じているのも35%と低迷しており、周知や啓発に課題が残った格好だ。

 調査は3月、大同生命保険が全国の中小企業の経営者約1万人を対象に実施。来年4月からの義務化を知っていたのは39%で、規模が小さいほど認知度が低かった。義務化を知る企業の中でも対策実施率は53%で、知らない企業は24%にとどまる。

社会

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP