山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野市長選 柴田氏が出馬表明 10月10日告示

柴田義朗氏
柴田義朗氏
 任期満了に伴う玉野市長選(10月10日告示、同17日投票)に、新人で元岡山県職員の柴田義朗氏(59)=同市築港=が13日、無所属で立候補する意向を表明した。同市長選への出馬表明は初めて。

 市内で記者会見した柴田氏は、現市政について「大型事業が急に進められて財政負担が増し、組織も硬直化している」と指摘。新病院建設計画を見直す一方で文化振興の機運を高めるとし、老朽化で昨年3月廃止された市民会館の整備に意欲をみせ「若い世代が夢や希望を持って住みたいと思えるまちづくりを進める」と訴えた。

 柴田氏は中央大卒。1984年に県庁に入り、中山間・地域振興課長、子ども未来課長、保健福祉部次長などを歴任。2020年から今春まで県立大副理事長を務めた。

 現職で4期目の黒田晋氏(57)は態度を明らかにしていない。

選挙

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP