山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県74人感染、別の2人死亡 新型コロナ、県内3945人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で30日、74人の新型コロナウイルス感染と、感染して入院していた高齢者2人の死亡が発表された。感染者は倉敷市35人、岡山市22人、総社市8人、玉野市3人、真庭市2人、笠岡、浅口、備前市、早島町各1人。死者のうち1人は倉敷市、県発表のもう1人は居住地非公表。県内での感染確認は3945人、死者は43人となった。

 倉敷市では、クラスター(感染者集団)が発生している高齢者福祉施設の利用者4人、社会福祉施設の職員4人、別の高齢者福祉施設の利用者1人、医療機関の利用者1人と職員1人の感染が分かり、一連の感染者は高齢者福祉施設29人、社会福祉施設16人、別の高齢者福祉施設9人、医療機関10人となった。

 総社市の2人はクラスターが起きた市内の高齢者入所施設の関係者で、陽性判明は計9人に。岡山市の1人はクラスターが発生した市内病院の患者で、判明は計7人になった。

 倉敷市4人、浅口市1人が中等症で、ほかは軽症か無症状。36人の感染経路が不明という。

作州

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP