山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県で新たに46人 県内3068人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で15日、新たに46人の新型コロナウイルス感染が判明した。倉敷市17人、岡山市14人、新見市9人、玉野市3人、美作、津山、真庭市各1人で、県内での感染確認は3068人となった。

 県と岡山、倉敷市によると、倉敷市の7人、新見市の6人、岡山市の3人は、それぞれ市内の会社や事業所で発生している計四つのクラスター(感染者集団)関連の感染で、一連の感染者は新見市の会社が54人、倉敷市の会社が14人、岡山市の会社が13人、同市の事業所が9人。

 この日感染が判明した46人のうち岡山市の1人が中等症で、ほかは軽症か無症状。11人の感染経路が分かっていない。

 また厚生労働省が同日公表したまとめによると、新規感染者を対象にした直近1週間(7~13日)の県のスクリーニング検査で45人の変異株感染を確認、これまでの判明分と合わせて93人となった。

新型コロナ・岡山対応

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP