山陽新聞デジタル|さんデジ

聖火リレー式典 岡山市役所で開催 5月19日、観覧者は200人

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市は13日、市内での東京五輪聖火リレー(5月19日)で、スタート地点の市役所駐車場で式典を開催すると発表した。新型コロナウイルス対策で観覧者を200人に絞り、今月15~26日に申し込みを受け付ける。

 式典は午後5時10分開始。市ゆかりのスポーツ選手らによるメッセージ動画を上映した後、大森雅夫市長や走者がスピーチ。トーチに点火し、同6時に出発する。

 会場には、間隔を空けて観覧できるよう立ち見席を設け、出入り口では消毒と検温を行う。県内で感染が急拡大した場合には、無観客での開催や中止とする。

 観覧は市内在住、在勤、在学者が対象。市のホームページや郵送などで申し込む。

 市内の聖火リレーは、五輪マラソン2大会連続メダリストの有森裕子さん(54)=市出身=らがランナーを務め、市役所から岡山城まで約3キロをつなぐ。

 沿道には市職員や警備員が立ち、大声を控え、手拍子で声援するよう求める。インターネットでライブ中継も行う。 

岡山

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP